Text Size :  A A A
|  TOP  |  お知らせ  |  仕事  |  プロジェクト  |  プロフィ−ル  |  設計監理について  |  リンク  |  お問合せ  |  ブログ  |
Img_196e043ae8251f96704b8b366398b630
「信州の建築家とつくる家13」が本日発刊となりました。
北安曇野 みはらしの家を掲載していただきました。 (Click!) 

ぜひお近くの書店等でお買い求めいただき、
家づくりの参考にしていただければと思います。

>㈱新建新聞社 新建オンラインストア (Click!) 
>アマゾン Amazon (Click!) 
Img_83515cda2cb49134ce8b0e7220e97f87
設計中の定住促進住宅(矢下Ⅱ)の地盤調査・スウェ-デン式サウンディング試験を行いました。
感触はまずまず良好な地盤のようですが、正確には後日の報告書の結果によります。
Img_5ecdb3f930436c78ac96fc8c773410a7
Img_9201d801ddba6aaad8a7740c97b44b65
調査をしていたら、たぬき!?(それともハクビシン?)が出没。
縄張りに侵入者と思われたかな。以前は畑地だったので、餌場を奪ってしまったかも。
25日(土)・26日(日)は松本市美術館で建築祭でした。 (Click!) 
一日目は文化講演会。講師は手塚貴晴・手塚由比の両氏です。
独創的で斬新なアイデアやデザイン性が印象に残る両氏の建築が、
「自分たちが幸せでないと幸せなものはつくれない」という考えのもと、
家族と過ごす日常を大切していること。そしてアイデアは自分たちの
子供を観察していると生まれてくることを聴き、根幹には人への温かい
眼差しがあることを強く感じました。

二日目は長野県学生卒業コンク-ル、公開審査。
審査員長は講演をしていただいた手塚貴晴先生です。
学生の作品やアイデアをどんな視点で見ているのか、
こちらも大変勉強になりました。
Img_7b737308ce8cd659ba69c3be4c40588e
Img_ad7c570d899fc1f1b400de0a6254760e
寄り添うように学生の説明に耳を傾けながら、作品をみつめる姿や、講評では
気持ちの込もったお言葉、前日に増した好感度がさらに上昇です。(笑)
タフでなくては建築家は務まらない。そんなことも改めて感じた二日間でありました。
先週末、松本市にある「山の子保育園」の見学会に参加しました。
地元のHAL設計室・藤松建築設計室・野口大介建築設計室の共同設計で、
長野県建築士事務所協会の平成28年度建築作品賞・最優秀賞 (Click!) 
日事連建築賞・優秀賞 (Click!) を受賞した施設です。
Img_e9455aa96e1a9ac22890ecb357af29c3
フルオ-プンの開口部により、内部と外部の大きく巡らされた縁側がつながる空間が印象的でした。
管理者目線ではない、のびのびとした保育環境が創出されていて、開放的な空間は気持ちが
良かったです。クライアントの保育理念に建築家として見事に応えていて、さすがです。
昨年6月に始まったヘリテ-ジマネ-ジャ-養成講座は全15回に亘り、先日最終講義となりました。
皆勤とはなりませんでしたが、補修等を行うことで認定書をいただくことができました。
歴史的建造物について多岐にわたり学ぶことで、建築史等の知識や地域文化への興味を深めることができたように思います。ただ、的確に建物の価値を見極め、保全・活用提案が出来る能力を持つには、より専門性の高い知識やそれ相当の実地経験が必要になります。
(そういう自分は認定よりも「修了」の方が妥当だと思っています。)
少しづつでも、まちづくり等に生かすことが出来ればと思います。
Img_3b916db842a52602ba568c9fb71b15a2
ヘリテ-ジマネ-ジャ-とは、地域に眠る歴史的文化遺産を発見し、保存、活用し、まちづくりに活かす能力をもつ者。
Img_55d6ae781fe06d53c6d223ba3874f2e2
調査の実習を行った「南涯館(大嶋家旧宅)」。 (Click!) 
松本市笹賀にこのような立派な本棟造りの民家があったとは知らなかった。