Text Size :  A A A
|  TOP  |  お知らせ  |  仕事  |  プロジェクト  |  プロフィ−ル  |  設計監理について  |  リンク  |  お問合せ  |  ブログ  |
Img_63fe539ac7d2250c28cd825068f8d1d5
土日の2日間はJIA長野県クラブ主催による第12回建築祭でした。
今回の文化講演会の講師、そして長野県学生卒業設計コンク-ルの
審査委員長は中山英之氏。40代のトップランナ-建築家。
時折見せる笑顔と物腰柔らかいお人柄が印象的で、解説された作品、
講演中の会場内もそんな空気が漂っているような感じで、分かりやすい
講演でしたが、固定観念にとらわれない柔軟は発想や感性など、
自分には持ち合わせていないようなものばかりで、刺激とショックに
似たようなものを受けつつ、その後の懇親会へ。
お酒を酌み交わしながら、大先輩会員の方に「トップランナ-も必要
だけど、先人達がつくってきたものや積み重ねてきたものを、更にまた
積み重ねていくような存在も必要なんだよ。」というお話しを聞き、
この地域に根を張り、遠回りしながらも一歩一歩進んでいく、それが
自分にとっての近道と、改めて思うのでした。

Img_333be20245236d2ebb3df68270aef05e
懇親会後も中山さんを囲んで、二次会、三次会と深夜まで続き、
そして翌日は朝9時から学生卒業設計コンク-ル。
今年も刺激的で濃密な2日間でした。

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする