Text Size :  A A A
|  TOP  |  お知らせ  |  仕事  |  プロジェクト  |  プロフィ−ル  |  設計監理について  |  リンク  |  お問合せ  |  ブログ  |
Img_09e83a1b0639389dd608912a60588296
Img_0f18e649bb07a564761947d75c286f74
先月末、美麻新行地区でも定住促進住宅が着工し、現在地盤改良工事が行われています。
地盤調査の結果等から地盤改良が必要となり、粘性土質の軟弱層が存在することにより、
砕石改良工法(スクリュ-・プレス工法)を採用しています。
土の中に隠れてしまうものとはいえ、環境への配慮も欠かせません。
木杭やコマ基礎等の工法も考えられますが、この工法は自然素材の砕石を用いるため、
地中埋設物にならず、土地の資産価値を守り、有害物質の発生の心配が無い。
スクリュ-を挿入した際に土を周辺に押し固めるため、残土が発生しない又は少ない。
無振動・低騒音。投入させる砕石は土中に押圧するため、圧密された強固な地盤をつくる
こと。そして短工期で低コスト。これといったデメリットも無く、メリットが多いと感じています。

地震の力に対して強さで対抗するのではなく、いなす。しなやかで強い。そんな印象も
受けています。

この地区では3棟が来年2月竣工予定で工事は進んでいきます。